外国人雇用の基礎知識

社内規定の外国語翻訳 VOL.01

社内規程を翻訳する必要性

 社内規程などは、外国人社員が理解できる状況になって初めて効力を発するといわれています。社内規則を外国人社員がしっかりと理解できる言語で作成することにより、ルールが明確となり全員に浸透します。外国語による社内規程の作成は、気持ち良く働くことができる環境づくりの第一歩とも言えるでしょう。

 外国人留学生の採用時にも母国語や共通語での規程類を準備することにより、他の採用会社と差をつけることが可能です。一般的に外国人の場合には「就職で差別されるのではないか?」といった考えが常に付きまとうものであり、このような漠然とした不安の軽減にも役立ちます。

 日本語で書かれた社内規程では十分な理解を得ることができず、事あるごとに人事・総務の方が口頭で説明を行なうケースがよく見受けられます。社内規定を外国語で作成しておけばこのような業務の発生を減らすことができ、さらには外国人社員との間の不要なトラブルも避けることができます。

 日本企業で就労する上で重要となる規程類を母国語や共通語で作成することにより、外国人社員に安心感を与えることが可能です。雇用企業との契約内容が明確になるのはもちろんですが、外国語での規程を準備することにより、採用企業が本気で外国人を雇用しようとしている事が理解されます。

Copyright(c) 2021 ACROSEED Inc. All Rights Reserved.