外国人雇用の基礎知識

社内規定の外国語翻訳 VOL.04

翻訳を外注するメリット

 社内規程の翻訳などを外注に出すことにより、高賃金が要求される専門的な知識を持つ社員を社内で抱える必要がなくなります。また、必要な時だけ利用できるため無駄を削減することができ、トータルコストを低く抑えることが可能です。

 社内規程などの翻訳は、その重要性からコンピューターなどの自動翻訳ではまだまだ対応することができません。一つずつ人間が手作業で行うより方法がなく、非常に手間と時間がかかります。翻訳を外注化すれば、人事・総務の方がこのような作業に追われる必要もなくなり業務効率の向上を図れます。

 英語が得意な人が、必ずしも日本の法律や労務に詳しいとは限りません。社内規程の翻訳は、法律知識と英語力の両方の力が要求されるため、正確な翻訳を行うためには長期間に及ぶ努力と経験が必要です。

 翻訳を外注化することにより、社内で利用される外国語社内規程の品質を一定レベルに維持することができます。社内で利用される規程類が同等レベルで統一されることにより、読み手である外国人社員に自然な安心感を与えることができます。

Copyright(c) 2021 ACROSEED Inc. All Rights Reserved.