外国人雇用の基礎知識

社内規定の外国語翻訳 VOL.03

社内規程・翻訳のポイント

 日本語で作成された文章の意味、言葉、感じる雰囲気など、すべてにおいて外国語に変換することはできません。翻訳物の利用方法を考慮しながら、何を最も重視するか優先事項を決める必要があります。一般的に社内文書などであれば、正確な意味を読み手に伝えることが最も大切となります。/p>

 日本語の文章を外国語に翻訳するためには、まずは翻訳者が日本語の意味を正確に理解しなければなりません。特に就業規則や評価制度などでは、労務の知識が必要不可欠となります。法律文書によく見られる裏返した意味合いも含め、翻訳者が正確に理解していることが大切です。

 いくら正確に翻訳を行ったとしても、外国人である読み手が理解できる言葉を使用しなければ意味がありません。法律文書などでは日本人が日本語で読んでも理解されできないこともあるため、読み手の立場にたってもっともわかりやすい言葉を使うことが必要です。

 社内規程などを翻訳する場合には、完成した文章を法律的・言語的にチェックする人が必要となります。規程の内容に精通している社会保険労務士、それにネイティブによる言語チェックを受けることにより、初めて精度の高い翻訳物となります。

Copyright(c) 2021 ACROSEED Inc. All Rights Reserved.