1. 外国人雇用.com
  2. 外国人雇用Q&A
  3. 外国人雇用全般に関するQ&A
  4.  

外国人雇用Q&A

外国人雇用全般に関するQ&A

Q1.外国人社員とのコミュニケーションがうまく図れません。どうすればコミュニケーションを図れますか?

 コミュニケーション不全は対人関係の問題を生じさせ、対人関係の問題はコミュニケーション不全から生じるといえ、たいへん重要な課題です。外国人とのコミュニケーションは日本語能力も重要ですが、その他の事柄に次の事項などがあります。

 1.声質や表情といった「非言語的要素」が重要な役割を果たすことを理解すること(メールばかりで用事を済ませない)
 2.共同プロジェクトを共有することなどして、1人で完結できる業務ばかりに集中しないこと

Q2.外国人社員を採用しても長続きしません。どういった点に気をつければ長く勤めてもらえますか?

 高度外国人材はキャリア志向が強くチャレンジ精神にあふれています。また、日本企業で働く際に「日本人と差別されるのではないか」「外国人だから重要なポストに就けないのではないか」といった不安を抱えています。そうした高度外国人材を理解するためにはこれまで以上に人事部の果たす役割が大きいといえます。

 自分が理解され能力・専門性を発揮できる組織であれば、採用後すぐに辞めることは少なくなります。

Q3.外国人雇用を成功させるにはどのようにすればいいですか?

 外国人雇用を成功させるには、何よりも外国人の上司となる管理職と外国人社員の間、さらに企業と外国人との間に"信頼関係"が必要です。そのためには高度外国人材の「自らを成長させたい」という願望を充分に理解してキャリアプランを提示したり、母国語での雇用契約書や就業規則を作成したり、コンプライアンス意識を高めたりすることなどさまざまです。

 これらの人事・労務に関する環境の整備がすべて「信頼関係を構築するため」というベクトルに合わせることです。外国人社員ひいては日本人社員のモチベーションを高めることになり、外国人雇用を成功に導くことができます。

外国人雇用のご相談はこちらから
外国人雇用の基礎知識