1. 外国人雇用.com
  2. 外国人雇用Q&A
  3. 就業規則・社内規則に関するQ&A

外国人雇用Q&A

就業規則・社内規則に関するQ&A

Q2.外国人社員のために母国語での就業規則は必要ですか?

 就業規則が労働契約としての効力を発生させるためには、“過半数代表の意見聴取”“労働基準監督署への届出”“従業員への周知”の義務的要件があります。これら1つを欠くと効力を持たないとは一概にいえませんが、すべて労働基準法に規定されています。

 特に外国人社員の場合、就業規則の効力が認められるためには“周知”が重要であると考えます。日本語を話すことができても読むためには“漢字”“ひらがな”“カタカナ”を理解する必要があります。外国人社員と信頼関係を築き本来求めている専門的知識や技術を発揮してもらうためにも、母国語などによる“理解できる就業規則”の必要性は高いといえます。

外国人雇用のご相談はこちらから
外国人雇用の基礎知識