1. 外国人雇用.com
  2. 外国人雇用関連ニュース2008
  3. 外国人登録、最多215万人、昨年末――中国人、初のトップ28%(2008/06/03)

外国人登録、最多215万人、昨年末――中国人、初のトップ28%(2008/06/03)


法務省は三日、永住や留学、研修などの目的で日本に滞在している外国人登録者数が二〇〇七年末現在で二百十五万二千九百七十三人(前年比三・三%増)と過去最多を更新したと発表した。日本の総人口に占める割合は約一・七%。十年前と比べると約一・五倍に増えた。

 国・地域別では、中国が約六十万七千人で、統計を取り始めた一九五九年以降で初のトップ。登録者全体の二八・二%を占めた。韓国・朝鮮は約五十九万三千人で、二位に後退。次いでブラジル。フィリピン、ペルーと続いた。

 都道府県別では、最も多いのが東京都で約三十八万二千人、全国の一七・八%を占めた。二番目に多かったのは愛知県で、初めて大阪府を抜いた。

 また在留資格別では、在日韓国・朝鮮人ら特別永住者は四十三万二百二十九人で、日本人を配偶者に持つ人などが対象の一般永住者(四十三万九千七百五十七人)を初めて下回った。

2008/06/03, 日本経済新聞

外国人雇用のご相談はこちらから