1. 外国人雇用.com
  2. 外国人雇用にあたって
  3. 生活習慣を知る

外国人雇用の基礎知識

生活習慣を知る

 採用前に、ある程度の相手国の文化や習慣ついて調べておく必要があります。特に食生活と休祭日は重要です。食生活においては宗教上の理由や主義・信条などの問題で特定の食べ物を全く食べなかったり、逆に特定のものしか食べられない人も多くいます。このような場合には、自社の社員食堂が利用できなかったり、会社の近くに利用できるレストランが無いことも多くあります。食事を通してのコミュニケーションは、職場内での人間関係を構築する上でも重要であり、うまく参加ができないと孤立してしまうこともあります。

 そして、祭日についてですが、多くの国では年に1回ほど国をあげてのお祭りや祭日などがあるものです。例えば、フィリピンではクリスマス、中国や韓国であれば2月の旧正月などが該当し、これらは日本で言えばお正月のようなものです。年に1度の家族や親族が集まるチャンスでもあるため、祖国を離れて日本で働く外国人従業員の多くはこの期間に長期休暇を取り母国に帰国することを望みます。仕事の繁忙期などがこれらの期間と重なる場合には、休暇がとれずにストレスが溜まり離職にまで発展することもあります。

前の記事:雇用目的の明確化

次の記事:文化の違い

外国人雇用のご相談はこちらから
外国人雇用の基礎知識