1. 外国人雇用.com
  2. 外国人雇用にあたって
  3. 雇用目的の明確化

外国人雇用の基礎知識

雇用目的の明確化

 外国人従業員を雇用する場合、その目的を明確にすることが重要です。「採用後はどんな仕事をさせるつもりなのか?」「雇用することにより何を達成したいのか?」といった具合に考え、採用に際して必要な技術スキルや言語レベルなどを想定しておく必要があります。これらがはっきりとしなければ「外国人を採用してみたのはいいが、任せられる仕事がまったく無い。」という本末転倒な事態にもなりかねます。

 また、日本企業が外国人を雇用するときには“日本語”という言葉の壁が一番の問題点となる事が多くあります。社内の共通語がすべて英語で統一されているような外資系企業は別として、外国人労働者に読み・書き・会話において完璧な日本語を求める場合と、コミュニケーションが取れる程度のカタコトの日本語でも構わない場合では、その採用にかかるコストや労力は大きく異なります。

 一般的には日本での滞在歴が長ければ長いほど日本語会話はできるようになりますが、読み・書きとなると本人の努力も必要となり、できる人は少なくなります。特に母国語で漢字を使わない欧米人などが日本語を勉強するのは非常に難しく、日本語会話は日本人と同じレベルで話せても、読み・書きが全く出来ないケースもあります。

 このような場合には日本人社員とチームを組ませたり、日本語が必要ない仕事だけを担当させたりと、業務内容に応じて人員の配置までを考えなくてはなりません。そのためには雇用目的を明確にした上で、言語・性格・スキルなどにおいて「絶対に譲れない条件」と「あれば望ましい条件」をそれぞれ抜きだしておく必要があります。これらが明確になっていれば採用時にも迷わずに決断することが可能となります。



次の記事:生活習慣を知る

外国人雇用のご相談はこちらから
外国人雇用の基礎知識