1. 外国人雇用.com
  2. 外国人雇用と保険手続
  3. 脱退一時金と社会保障協定の関係

外国人雇用の基礎知識

脱退一時金と社会保障協定の関係

 外国人脱退一時金の支給を受けた期間は、協定において年金加入期間の通算対象外となります。

 社会保障協定における「年金加入期間の通算」とは、日本と相手国との年金加入期間を相互に通算し年金受給権を獲得できるようにするものです。一方で、国民年金の保険料を納めた期間又は厚生年金保険に加入した期間が6か月以上ある外国籍の人は、出国後2年以内に請求を行うことで加入期間等に応じて計算された一時金が支給される「外国人脱退一時金制度」があります。この外国人脱退一時金の支給を受けた場合、その期間は、協定において年金加入期間として通算できなくなります。

 そのため、社会保障協定によって「年金加入期間の通算」が可能となっている相手国の人については、将来通算により年金として受給するか、外国人脱退一時金を受けるかを、十分見極めることが必要です。

外国人雇用のご相談はこちらから
外国人雇用の基礎知識