1. 外国人雇用.com
  2. 外国人雇用と保険手続
  3. 労働保険

外国人雇用の基礎知識

労働保険

 労働保険とは、労働者災害補償保険と雇用保険を合わせて一つの保険として扱うものです。一部の例外を除いて従業員を一人でも雇用すれば、事業主は加入手続きを行い保険料を納めなければなりません。労働保険への加入は事業主に定められた義務であり、雇用をすれば国籍を問わず外国人であっても必ず加入することになります。給与額や、保険そのものの必要性から、外国人従業員が自ら加入を拒否することもありますが、任意ではないので必ず加入させる必要があります。加入に関しては一般的な日本人が加入する場合とほぼ同様の手続きとなります。

 ごく稀に問題となるケースは、退職後に提出する資格喪失届に付随して提出する雇用保険被保険者離職証明書の記載です。失業給付をはやくもらうために、「自己都合による退職」にもかかわらず、「会社都合による退職」と記載した場合には、不正受給となり企業側の責任も問われます。従業員からこのような記載を頼まれた場合でも、正しい記載をしなければなりません。

前の記事:定住者

次の記事:社会保険

外国人雇用のご相談はこちらから
外国人雇用の基礎知識