1. 外国人雇用.com
  2. メールマガジン「人事・総務レポート」
  3. 9.ビザ手続きQ&A

9.ビザ手続きQ&A



 海外の大学生のインターンシップ等について

問1 海外の大学の学生が、日本の企業で報酬を受けてインターンシップを行う場合、在留資格(ビザ)は何になりますか?

海外の大学の学生が、その大学の教育課程の一環として日本にある企業等に受け入れられて就業体験をする活動、いわゆる「インターンシップ」を行う場合で、その活動に従事することによって学生が報酬を受ける場合には、「特定活動」の在留資格に該当します。

問2 インターンシップを行う学生が、「特定活動」に該当するには、どのような要件がありますか?

 対象となる学生は、外国の大学の学生で、卒業又は修了した者に対して学位が授与される教育課程に在籍する学生に限られます。ただし、通信による教育を行う課程に在籍する学生は対象になりません。

 また、行おうとする活動は、教育課程の一部として、在籍する大学と日本にある企業等との間の契約に基づいて、その企業等から報酬を受けて行われるものでなければなりません。

 さらに、インターンシップの期間は、2年を超えない期間で、かつ、通算して当該大学の修業年限の2分の1を超えない期間内」と定められています。例えば、学生が在籍する大学が四年制大学であれば、インターンシップで活動できる期間は通算して2年間ですが、その場合でも、継続して一年を超えて在留することはできません。日本を出国後、新たに1年を超えない別のインターンシップで来日する場合には、改めて「特定活動」の在留資格で入国する必要があります。

問3 インターンシップの報酬の額に関しては、何か規定がありますか?

 インターンシップのための「特定活動」については、入管関係法令上、報酬の額についての規定はありません。

問4 1年間インターンシップで活動を行った者が、再度インターンシップを行うことはできますか?

 例えば、2年制の大学に在籍する学生の場合、インターンシップを行うことができる期間は通算して1年を超えない期間に限られますので、すでに1年間のインターンシップを終えた者は、再度インターンシップを目的として入国することはできません。
他方、4年制の大学に在籍する学生の場合であれば、1年間のインターンシップを終えた後、日本を出国し、その後、1年を超えない別のインターンシップのため、再度「特定活動」の在留資格で入国・在留することは可能です。

問5 給与を受けないでインターンシップを行いますが、住居費と食費と交通費などの実費が生活費の補助として支払われる予定
  です。これらは、報酬とみなされるのでしょうか?

 「報酬」とは、インターンシップの 活動を行う学生に対し、その労働の「対価」として日本の会社等から支払われる金銭を指し、具体的には時間給や日額単価に勤務日数を乗じた額の金銭が支払われる場合等がこれに該当します。住居費、食費、交通費、生活手当等の実費弁償的な性格を有するものは報酬に含まれません。

問6 インターンシップ、サマージョブ、国際文化交流のために、「特定活動」で在留する外国人が、一時海外に出ることを望む
  場合、再入国許可を取ることはできますか?

 インターンシップ、サマージョブ、国際文化交流のために、「特定活動」で在留する外国人が、申請を行って再入国許可を受けることは可能です。出国後、再入国許可の有効期限内に入国すれば、出国前に有していた「特定活動」の在留資格で入国・在留することができます。


 10.ACROSEEDからのお知らせ

 社会保険労務士法人の代表、秋山が一般社団法人日本経営協会にて、外国人社員の労務管理についてセミナをー開催させて頂きます。

高度人材活用を成功させるために!
外国人社員の労務管理の基礎とトラブル防止・対応実務セミナー
日時 平成23年9月16日(金) 10時~16時
会場NHK名古屋放送センタービル内教室

外国人雇用のご相談はこちらから